ライバル企業 サイト 分析 で 戦略的コンテンツマーケティング


UIUX強化で競合サイトとの差をつける!

競合サイト分析 競合サイト調査自社の商品サイト、サービスサイトの改善、リニューアルなどをご検討中の方、必見です。自社のホームページのリニューアルの際、何をもとに、検討されていますか?実は多くの場合、なんとなく、こんなwebデザインがいい、とか、こういうコンテンツが欲しいといった内容のケースが多いのが実情です。

しかし、感覚的にこういったリニューアル項目、コンテンツ、webデザインで、ホームページをリニューアルしても、なんとなく、の成功体験しかできません。重要なことは、論理だてて、理想としては、こうあるべき!から、ホームページを作り上げていくことです。

クロトでは、ロジカルなリニューアル提案のためにも、現状の課題などのヒアリングをさせていただきますが、別途、競合サイト分析なども、リニューアルの際に、ご提案するケースがあります。

なぜなら、競合サイト分析は、他社が提供しているサービスと自社サービスとの違いを浮き彫りにさせ、競合企業の良いところを真似することで、戦略的に、webサイトのリニューアルを推進できるからです。

そうなると、競合サイトの調査を、リサーチ会社に依頼するケースがありますが、リサーチ会社では、webサイトにおけるマーケティング視点が欠けがちです。また、web制作における重要なポイントなどの視点も、当然ながら、プロではないので、わからないことが多いと思います。

たとえば、SEO対策の視点です。web制作会社やwebマーケティングの会社だからこそ、見えてくる視点というものがあります。競合サイト分析を、リサーチ会社ではなく、web制作、webマーケティングを行っている企業に依頼すべき理由はここにあります。

競合サイトの調査の軸は、仮に、ホームページのリニューアルとなった場合、いくつかの視点で、競合サイトを調査、分析していきます。主な指標としては、webデザイン、webページの数量、コンテンツ、導線設計、検索エンジン対策における内部対策、表示スピード、更新や運用のシステム(CMS)、リード獲得ページの状況、SSL化と、さまざまな指標が存在します。

もちろん、スマートフォンでのアクセスなども考慮して、UIUXの観点から、こういったコンテンツ設計は、いい!悪い!!などもご提案していきますが、実際に多くのwebサイトを見ている観点からなので、ホームページのアクセスの傾向値などもお話しできます。実情に沿っている情報が多いため、リニューアルにおける提案のもととしてご活用いただきやすいかと思っております。

ホームページは、コロナの巣ごもり需要の影響で、消費者から見えやすいポイント、窓口となっています。実際に、コロナの影響で、webサイトの閲覧者も増えた!というケースも多いですが、結果、リード情報の獲得につながっているかどうかが重要です。

webサイトは、広報としての役割を持ちます。それゆえ、CSR、SDGSなどのコンテンツ、CGMコンテンツなども重要です。これらは、サイトの滞在時間を延ばす役割も担ってきます。せっかく作るホームページですから、戦略的に、多くの方に見てもらえるように、コンテンツの準備もしていきましょう。

クロトなら、競合サイト分析 競合サイト調査によって、そこから、リニューアル指針などのご提案も可能です。リサーチ会社であれば、現状はこうでした!で終わりますが、クロトなら、次のアクションまで誘導が可能です。

御社の手間、効率を削減でき、かつ、戦略的に、webサイトのリニューアルの方向性、コンテンツ、機能・システムなどを浮き彫りにできる、競合サイト分析 競合サイト調査。ネットを活用したマーケティングをお考えのご担当者さま、自社サイトのリニューアルをご検討のweb担当者さま、ぜひ1度クロトにご相談ください。お問合せフォームから、実施内容や、やりたいこと、現状について、今後の展開、ご予算などを教えてください。お見積もり、ご相談は無料です。


競合サイト分析 競合サイト調査 実施内容例

・比較指標の設定
・SEO対策 状況レポート
・webデザイン レポート
・利用フォント レポート
・自社サイト ヒートマップ分析
・管理システム 調査
・コンテンツ調査
・表示スピード分析
・SSL化分析
・フォーム分析
・ページ数チェック
 など


競合サイト分析 競合サイト調査 実績 事例

・食品メーカー
・飲料メーカー
・不動産会社
・M&A
・物流プロバイダー
・PCソフト メーカー
・小売り
・美容サービス
・美容サロン
・金融サービス
・携帯キャリア
・自治体