Yahoo 広告 運用型広告 集客!販売促進!!


YDA 活用 で リマーケティング施策を実現!

amazon広告 運用ネット広告といえば、検索連動型広告(リスティング広告)という方も多いと思います。そして、実際に、Googleのリスティング広告を、集客や販売促進のために活用されているケースも多いと思います。しかし、Google広告だけでいいのでしょうか?

実際に、ご相談いただいたネット広告の出稿先のお話でも、広告代理店が、Googleのリスティング広告しか提案してこなかったので、そのまま、Google広告だけにしていた、という事例がたくさんありました。クリエイティブのABテストは実施するのに、媒体(メディア)活用においては、テスト運用を行わないという矛盾が発生していたりしています。これは、もちろん、予算が少ないから、広告効果の最適化を考えて、申し込みなどのCV(コンバージョン)の出やすいGoogle広告を提案したのだ!という意見もありますが、実際、商材や内容によっても、効果が変わってくるので、Yahoo 広告も、掲載を試してみた方がいいと思っています。

なぜ、Yahoo 広告とGoogle広告とで、結果に違いが出てくるかと申し上げると、掲載される面や、利用されるユーザーの違いなどが考えられます。Yahoo 広告の場合、ヤフー利用者へのターゲティングが圧倒的に強くなるため、ほかサービス利用意図が強いケースがあります。しかし、スマホユーザーによっては、スマホのブラウザのTOPページをヤフーにしている方などもいますので、無視はできません。また、ヤフーの場合、Googleと違って、さまざまなサービスを直接持っているので、そのコンテンツ枠への掲載もあります。その結果、比較的、優良なコンテンツ枠への掲載が可能になったりします。Yahoo!関連のサービスや、クックパッド、All Aboutなどへの広告掲載が可能です。

Yahoo 広告の代表的なネット広告は、ヤフーの検索結果に表示されるリスティング広告と、各コンテンツページに表示されるディスプレイ広告です。ディスプレイ広告は、リニューアルをして、YDA(Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型))というサービスに、2020年に変わっています。BtoB(企業間取引)のサービスでも、消費者向け(BtoC)サービスでも、Yahoo 広告の利用は可能です。

YDA(Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型))は、画像や動画を活用して、消費者に、自社サービスを告知できるサービスです。広告配信アルゴリズムも、YDNという旧名称のときから変わっています。広告の自動入札の機能も改善されて、結果、広告効果もアップデートされています。YDAの場合、掲載できるバナー広告のクリエイティブのサイズも、ある程度絞られており、300×250、160×600、468×60、728×90、320×50、320×100ピクセルのバナーを掲載できるようになっています。YDAには、サーチターゲティングという消費者の検索履歴を見て、広告を配信する仕組みもあります。

もちろん、Yahoo 広告は、基本、PCサイト、スマホサイトの両方に対応しているので、自社サービスに最適な広告配信が可能になっています。こういう状況ですので、まずは、トライアルで、yahoo 広告での、デジタル広告展開もしてみた方がいいです。Google広告と、機能的には、そん色なく、ヤフー広告でも、広告配信が可能なのです。

クロトでは、Yahoo 広告の運用を創業以来、10年以上行っております。最近でも、自治体さま向けであったり、公共事業のPRであったり、上場企業や、大手団体などのアクセス数アップや、販売促進などで活用しております。コスメ、サプリメントのネットショップへの誘導などでも活用しています。YDAについても、2020年から、実施をさせていただき、広告配信の運用を行っています。その結果、月間で100万以上のインプレッションや、月間で100近いCV数の獲得といった事例、実績を残せています。

DX化が推進されてきて、さまざま企業活動で、web広告は重要な集客施策になっています。特に、その中でも、Googleに偏った広告戦略を行うケースも目立ちます。しかし、自社に最適な広告は何か、しっかりと、トライをしながら、検証をしていった方がよいです。広告代理店が、設定が面倒だから、などの理由で、提案をしてこないケースなどもあるので、ちゃんと運用できる広告代理店、担当者に任せていきましょう。

もちろん、web広告は、原則、運用を前提とするため、すぐに結果の出ないケースもあります。しかし、改善や工夫、糸口の分析など、重要です。お客様のお金をあづかって、それをもとに、広告を運用するのですから、しっかりと、展開をしていくことが重要だと思っています。それゆえ、Google広告だけでなく、Yahoo 広告も、おすすめしています。もちろん、Google広告で、より数字を伸ばしていきたい!などのケースのときに、お試しで、実施するのでもよいと思います。CV数字の最適化が重要なのです。

Yahoo 広告について、検討されている場合は、ぜひ1度、運用実績の豊富なクロトにご相談ください。10年以上、さまざまなお客様のweb広告、ネットプロモーションの課題を解決してきております。いろいろなサービスを提供されている企業のために、運用の工夫をして、さまざまなご提案、実りある結果をご提供できると思っております。クロトでは、複雑に絡みあう インターネット広告、ランディングページ(LP)、アクセス分析、UIUX設計、ホワイトペーパー作成、SNS運用などを1つ1つ最新の状態を理解しながら、サービス提供を行っています。ネット広告への不安などのご相談も受けておりますので、お気軽にお問い合わせください。お見積もりは無料で行っています。どんなことをしたいか、どんな課題があるか、ご予算や、クリエイティブ、遷移先のページ、御社ホームページなど、お話しください。お問い合わせフォームにて、ご記載いただければ、クロトの担当より、ご連絡をさせていただきます。

 


Yahoo 広告 実施 内容 例

  • 課題 ヒアリング
  • キーワード選定
  • キーワード調査
  • ヒートマップツール 導入
  • バナー 構成作成
  • LP(ランディングページ)制作
  • テキスト広告文作成
  • キャッチコピー制作
  • 動画バナー制作
  • 静止画バナー制作
  • フォーム制作
  • プロジェクト 設計
  • スケジュール策定
  • タスクリスト 作成
  • webデザイン
  • コーディング
  • コンテンツ企画、制作

など


Yahoo 広告 実績 事例

  • 自治体
  • 不動産デベロッパー
  • 公共事業PR
  • 不動産会社
  • 不動産団体
  • 製薬メーカー
  • 機械メーカー
  • 飲料メーカー
  • NPO団体
  • 人事セミナー
  • ビジネスイベント
  • 人材紹介会社
  • 人材派遣会社
  • M&A企業
  • 不用品回収
  • ホテル
  • アパレル
  • コスメコスメ
  • サプリメーカー
  • 旅行代理店
  • web制作会社
  • ECツール