SEO対策に!webサイトの画像リサイズ 軽量化対応


大手企業のホームページでも実績あり。画像のリサイズ、軽量化

画像リサイズ 画像 軽量化ホームページをきれいに見せたい!ということで、大きな写真や、画像をたくさん活用しているwebページは多いです。特に、ECサイトであれば、商品をよりよく表現したいと思いますので、画像の質、大きさにはこだわりますよね!しかし、これが、集客上は、仇になるケースもあります。というのも、写真や画像の容量が重いために、ホームページ自体の表示速度が遅くなってしまうケースです。その結果、ユーザーにもマイナス。SEO対策上もマイナス。という場合があるのです。

2020年にグーグルが発表している、ホームページUXの重要指標「コアウェブバイタル」。これには、「LCP」「FID」「CLS」という3つの指標が出されています。

参考 web担当者フォーラム
【重要】コアウェブバイタルとは? LCP/FID/CLSをわかりやすく解説【SEO情報まとめ】
https://webtan.impress.co.jp/e/2020/06/05/36210

コアウェブバイタルの指標の中で、LCPは、ページ表示速度を測る指標となっており、ホームページUXを、検索エンジンのランキングに影響を与える要素としているため、表示速度は少しでも改善しておきたいところですね。SEO対策上、この情報を、多くの企業がつかんでいて、都度の対応を進めています。

その結果、表示速度を改善する施策として、多くの企業が実践している方法の1つが、このホームページの画像のリサイズ、軽量化です。これは、SEO対策に効果的といわれています。その理由は、ホームページの表示速度が速くなるからです。ホームページの読み込む画像の重さが軽くなることで、ホームページの表示速度が改善されます。これによって、ユーザービリティが向上して、その結果、Googleも、対象のホームページの検索結果での順位を上げてくれます。ホームページのSEO対策では重要な要素です。

また、ECサイトでは、ホームページの表示速度が遅いことは致命的です。表示がされないことで、消費者が、ECサイトを出て行ってしまうからです。データによっては、1秒早くなることで、年商で1,200億円も増加するとまで言われています。この話は極端な例ではありますが、機会損失につながることは間違いありません。

また、ユーザーの見る端末が、スマートフォンになってきていることもあり、表示速度が速いことは重要視されがちです。スマートフォンの場合、ダウンロードできる速度には限りもあります。その結果、ホームページの表示速度改善に、この画像のリサイズ、軽量化対策を行うケースは増えてきています。

また、クロトで実際に対応したケースの1つでは、ホームページのリニューアル後の商品紹介情報の写真素材の変更なども行いました。膨大な量の写真と、縦横比が異なる写真。これをリサイズしていく業務です。同時に、写真の重さを軽くしていくことで、ホームページのリニューアル後の表示速度改善に一躍かった形になりました。

リニューアルの素材としての活用は、別のケースでもあります。ホームページのリニューアルの際、新しいCMSを導入することになり、そのCMSにあった画像コンテンツを作っていきました。画像のリサイズ、CMSで登録、一部コーディングなども行い、大量の登録を行ったこともあります。これにより、WEB担当者の方が、マーケティング企画などに注力ができ、効率的なWEBサイト運営につなげることができました。

シンプルな業務ですが、ECサイトの商品画像の撮影後の、画像リサイズなども担当しております。そして、その加工した画像を各アパレルECポータルサイトへ登録する業務も行ったりしています。ECでの売り上げを上げる上で、商品写真のアップロードは重要です。また、単純ではあるものの、業務効率をあげる上で、かかせないことです。

画像の軽量化を行う際には、画像フォーマットを変更することもご提案するケースがあります。webp(ウェッピー)という画像フォーマットで、画像を作り直すと、画像が軽くなり、表示が速くなるためです。ただし、表示できるブラウザの制限があるため、表示できるブラウザのときには、webpを活用して、それ以外は別の画像フォーマットにする、という施策も実施可能です。また、webpに対応したコーディング実装よりも、jpgでも、新しい圧縮方式で、画像を圧縮する方法もあるため、その方法で、画像の表示速度を改善していくという方法も可能です。大手企業の場合、CMSの関係上、webp対応ができないケースがあるので、それゆえ、jpgの新しい圧縮方式で対応するケースもあります。その方が、すべてのブラウザに対応しているので、安全だからだと思います。画像の劣化もひどくないので、この方法もおすすめです。

画像のリサイズ、画像の軽量化については、ホームページだけではなく、基幹システムに登録する際の対応としても、実施したりするケースがあります。これは、タブレットなどで、営業マンが、カタログ表示させるタブレットなどで、商品が重くて、表示がなかなかされないということを防ぐために行っています。

このように、クロトでは、多くのお客様向けに、webの画像リサイズ、軽量化を行っております。もちろん、コーディングや、CMSの登録もセットで対応が可能です。ホームページを活用した販売戦略、SEO対策、ホームページの表示速度改善、業務の効率化に、webの画像リサイズ、軽量化をご検討いただき、ぜひ1度、ご相談ください。お見積りは無料です。オンラインでのお打ち合わせなども可能ですので、対象のホームページURLや、画像の数などを教えてください。よろしくお願いします。


web 画像リサイズ 軽量化 概要

【実施の流れ】
・対応内容の確認
・修正画像のアップロード方法
・お見積り、ご提案

なお、最近発生しているwebサイトの表示速度が悪化する、遅くなる要因は、webフォントが原因となるケースもございますので、そういった部分もご注意ください。

※ホームページ制作の詳細→ホームページ制作ならクロト
※問い合わせを増やす→企業サイト制作の詳細へ
※通常のスマホ向けECサイト製作の詳細→スマホ向けECサイト製作の詳細へ
※わかりやすいECサイトなら→ECサイト製作の詳細へ
※決済サービスの導入は→決済システム導入の詳細へ
※毎日見るオウンドメディアを作る→ライフ記事付オウンドメディア制作
※運用型の新卒採用メディアなら→新卒採用サイト制作の詳細へ


画像 軽量化 サンプル

【もと画像】
・88kb

画像リサイズ 軽量化 1

【画像の軽量化後】
・36kb *なんと60%OFF 大きく軽量化できました!

画像リサイズ 画像 軽量化 after


※そんなに画像が劣化せずに重さだけが、落ちていることがわかります


webの画像リサイズ 画像 軽量化 実績・事例

・大手化粧品会社
・大手電力販売会社
・ビルメンテナンス会社
・美容系ポータルサイト
・アパレルメーカー
・食品メーカー
・ホテルサイト
・部品メーカー
・WEBメディア
・医療メーカー
・自動車メディア
・不動産メディア
・人材紹介会社
・WEBデザイン会社
・観光メディア