スタッフ、そのご家族との距離を縮める
みんなで作れるクラウド型web社内報


web社内報、webの社員教育働き方改革や、コロナによる影響で、テレワーク、リモートワークといった遠隔での働き方を余儀なくされるケースが増えています。2020年は、この体制を作り始めた、運用を始めた!という企業も多かったと思われます。

その結果、テレワークによる就労上のさまざまな課題が出てきている状況が垣間見られます。メールを見ていない、MTGがスムーズではない、など、いわゆる、業務上の課題や、リモートワークにより、ほかの社員やスタッフのしている業務が見えない!という状況です。デスクが近く、隣などであれば、こういう仕事をしているんだ!というのがわかったりしますからね。

これによって、スタッフ間、社員間で、それぞれの業務内容のイメージがわからない、あるいは、仕事内容の理解がしにくいという事象が発生しています。アウトプットからでしか判断できないからです。

その結果、会社が行っているアウトプットや、業務の内容、過程(プロセスやプロセスドキュメントなど)がわかりにくい!というケースが出てきており、課題がでてきたときに、円滑に、誰に聞いていいか、などがわからなくなっています。

また、人事の方から聞いたお話だと、会社としての仕事内容の把握がしづらいために、会社への所属意識が希薄になっているケースも多くなっているようです。これが大企業であれば、比較的所属意識が芽生えるのですが、中小企業の場合は、なかなか難しい!というケースも発生しています。

そんな人事の方のお悩みに対して、クロトで、ご提案している施策の1つが、社内報を作って、業務の見える化をしていきましょう!というものです。

ひと昔のように、社内報といっても、紙(チラシ、パンフレット、広報紙など)を作ることをおすすめしているわけではありません。web版の社内報です。

web版社内報をおすすめしている理由は、

企業としての取り組みの見える化

社員、スタッフ以外への広報

みんなで取り組む!

といった部分のメリットが出てくるからです。

企業としての取り組みの見える化は、各社員、スタッフ、部署の行動、ログを、文書や写真で掲載するといったものです。社内ニュースみたいなもので、こういった実績や事例ができているよ!というのを明示化できます。

わかりやすい成果物がなくても、いま、こういう過程である!などを掲載してもよく、むしろ、業務内容を誰かが見ている、触れている!というのを明確にするものになっています。もちろん、公開してよい記事、そうではない記事、といった取捨選択は必要ですが、お題の精査をすれば、これも可能ですし、webなら、ワークフローにのせての確認も簡単です!あえていえば、社外にも公開できる記事だけで展開してもいいと思います。

また、社員、スタッフ以外への広報という観点です。これは、就職、転職市場にいる人へのアプローチの素材にもなります。また、もう1つは、社員、スタッフのご家族へのアピールです。web版社内報は、お父さん、お母さんが、今、こういう会社で、こういう仕事をしているんだよ!というのを、ご家族の方に、目で見て伝えられる基盤になります。動画でインタビューなどをしてもいいですよね。

みんなで取り組む!というのは、会社全員で、1つのタスクに取り組める!という観点です。意外と、全社で、取り組む内容というのは少ないものです。抽象的なものではなく、具体的なこととして、全社で、取り組みやすいのは、社内報です。1つの目的に向かって、取り組みやすいだけではなく、社内報は連帯感の表現の場としても向いています。

社内報は、写真、テキスト、動画などの素材で進められますし、ブログベースででも、開始できます。つまり、始めること自体は、コストなどは、スモールスタートが可能なのです。みんなで始める!そのルール作りなどを策定して、動かしていきましょう。

もちろん、スマートフォン対応したレスポンシブで、社内報作りは可能なので、スマホからの閲覧もできます。リンクも張れるので、プロジェクト内容によっては、被リンクの獲得やサービスへの誘導も可能です。

web社内報の始め方がわからない、まず社内報をやってみたいけど、どうしていいかわからないといった方。ぜひ1度、クロトにご相談ください。お問合せフォームから、実施内容や、やりたいこと、現状について、ご予算などを教えてください。お見積もり、ご相談は無料です。


web 社内報 制作 運用 実施内容例

社内報制作 コンサルティング
社内報 運用ルール策定
社内報 デザイン制作
社内報 インタビュー
コピークリエイティブ作成
レポーティング
スケジュール策定
動画撮影
など


web社内報 制作 運用 よくある質問

web社内報 制作 運用 で よくある質問 をまとめました。

web社内報は、社員に限定して、公開することは可能ですか?
はい、可能です。ご予算にもよりますが、社員IDと連携させてのパスワード認証などのシステムも導入可能ですし、もっと簡単な認証方式としては、IDとPWをサイト全体で1つ発行して、それをもとに認証させる形式も可能です。また、IPアドレスによる制限をかけることも可能です。
 
web社内報用のサイト制作だけお願いすることは可能ですか?
はい、社内報用のホームページだけ制作することも可能です。原稿など、運用は、自社で行いたい!というケースもありますので、更新しやすいCMSとして、ワードプレスなどの導入が可能です。
 
社内報を常時SSL化することは可能ですか?
可能です。常時SSL化によって、より安全度が増しますので推奨しております。
 
web社内報 の 運用だけをお願いすることも可能でしょうか?
はい、可能です。内容を企画しながら、予算と調整して、社内報コンテンツの更新、作成をしていくことは可能です。

 


社内報 制作 社内向けコンテンツ 運用 実績 事例

ECポータル運営企業
不動産 仲介
コスメメーカー
食品 メーカー
不動産にかかわる一般社団法人
福利厚生サービス メーカー
人材紹介会社
エネルギーメーカー
スマホゲーム メーカー