コスパ良く、リスティング広告をまわすなら、Google動的検索広告(DSA)


自動でGoogleが検索エンジン広告の運用を最適化
コンテンツの追加で、対象のリスティング広告のキーワードも追加される

Googleの動的検索広告(DSA)2018年ごろから話題になってるGoogle広告の動的検索広告(DSA)というリスティング広告のサービスを御存知ですか?このDSA(Dynamic Search Ads)は、リスティング広告(検索エンジン広告)の1つの手法なのですが、非常に先進的な広告手法です。Googleの動的検索広告(DSA)は、従来のようなキーワードを登録して、広告を掲載するものではありません。広告主は、URLを指定することで、Google広告が、ページに関連する検索キーワードを自動的に選んで、リスティング広告として配信してくれる手法なんです。Googleの動的検索広告(DSA)のシステムは、当然、言語の理解、分析ができていないとできません。Googleならではの技術ですね!

従来のリスティング広告(検索エンジン広告)の運用は、キーワードを登録して、そこに、広告文を作り、紐付けて、予算をあてて出稿するものでした。書いているだけでも、実施すること、プロセスがたくさんありますよね。なんと、このGoogleの動的検索広告(DSA)は、そんな複数ある出稿するための作業を、わずか3つにしてくれます。1、対象ページのURL設定、2、広告のクリック単価・入札単価設定、3、広告のテンプレート設定。これだけです。最後の広告のテンプレート設定は、広告ごとに「全角40文字(半角80文字)の一行」で説明文を登録するだけです。汎用的な文章を登録すれば、1つでも十分です。すごく簡単に、Googleの検索エンジン広告の展開ができます。広告の見出しは、Google側で自動的につけてくれます。検索された語句と広告のリンク先Webサイトのコンテンツの両方に基づいて、関連性が高くなるように自動的に作ってくれるのです。

Googleの動的検索広告(DSA)のメリットは、たくさんありますが、手軽に出稿できることのほかに、従来のキーワードを登録するリスティング広告では発掘できなかった「コスパのいい」キーワードを発掘できる可能性があります。また、登録されているページの更新で、広告も自動的に変わることです。たとえば、商品を追加した場合。自動的に、Googleの動的検索広告(DSA)は、対象商品の広告を出稿してくれます。

このGoogleの動的検索広告(DSA)の使い方としては、従来のキーワードでのリスティング広告との併用が最適です。完全一致のキーワードは手動で登録し、それ以外はすべてGoogleの自動広告に任せる。そんな運用が理想的ですね。

クロトでは、このGoogleの動的検索広告(DSA)も活用したリスティング広告の展開もしています。これによって、ロングテールキーワードを探す運用効率を低減化し、逆に、コンテンツの追加や見せ方、更新などに注力できるような体制を御提案しております。WEBコンテンツがしっかりしていればこそ、できる施策でもあるGoogleの動的検索広告(DSA)。SEO対策がしっかりしているサイトの場合、キーワードなどが構造化されているため、Googleの動的検索広告(DSA)の効果も高まります。それゆえ、SEO対策を行ったWEBサイトの制作をオススメしておりますし、クロトでも、そのようなホームページの制作を進めています。


Googleの動的検索広告(DSA) 概要

ロングテールキーワードの発掘は自動化!コスパの良いキーワードを自動的に探す。
クロトでは、お客様の視点に立って、コンテンツの提案もいたします。
CVRを高めながらも、事業の成長のための御提案です。


リスティング広告(検索エンジン広告)、Googleの動的検索広告(DSA) 実績・事例

リスティング広告(検索エンジン広告)、Googleの動的検索広告(DSA) 実績・事例・ポータル系ECサイト
・日本最大級のゴルフ場予約サイト
・採用イベント
・法人向けセミナー
・イベントなど法人向けサービスプロバイダー
・賃貸不動産サイト
・法人向けITサービスプロバイダー
・ビジネスホテル
・大手PCメーカー
・大手化粧品ECサイト
・求人広告代理店
・弁護士事務所
・司法書士事務所
・女性向け診療所
・歯科医院
・デザイン会社
・外資人材紹介会社
・美容系ポータルサイト
・ヘアケアECサイト
・大手エンタメ系ポータルサイト
・大手採用情報ポータルサイト
・ヘアケア機材ECサイト
・システム会社採用サイト
・BtoB向けのイベント
・エンジニアの求人広告
・大手飲食チェーン
・映画ポータルサイト
・食品メーカー