APIですばやく新市場・新規顧客獲得へ!APIの導入コンサルティング・開発もお任せ


既存データ、スキームをAPI化することで業務効率化や新市場開拓へ

APIシステム開発・APIコンサルティングWebのニュースなどで、たまに出てくるAPI。だいたいは、このAPIはアプリケーションプログラミングインタフェースの略称です。このAPIは、システムとシステムとの間のデータのやり取りを行うシステムだと思ってください。そんなAPIですが、実は、クロトでは、非常に多くの事例を持っています。インスタグラム API や、facebook API、Twitter API、Yahoo API、楽天 API、Line API、求人サイトとのAPI連携、デビットカードシステムとの連携API、クレジットカード決済システム API、キャリア決済システム API、stripe決済 API、郵便番号情報 API、Google MAP API、各種アフィリエイトシステムとのAPIなど、非常にたくさんのAPIの連携や設計開発を行ってきました。

2017年ごろから、APIでの連携、自社APIの公開の需要が高まってきています。それは、業務の効率化という点での部分で求められるケースが増えてきたこと。そして、ビジネスパートナーとの提携、販売代理店との連携強化、新市場への展開に大きな期待がよせられ、そして、実績をあげてきているからです。そもそも、APIはデータ連携のハブとして機能します。それゆえ、情報のやりとりをするため、セキュリティ意識も高めた開発が要求されます。一方で、数値的な暗号化をさせたデータのやり取りが可能になるため、サービス提供側としては、非常に使い勝手がよいのも、APIの特徴です。クロトでも、過去に連携/開発してきたAPIにおいて、ホテルや電車の稼動情報などの連携APIや、古地図との連携API、商品の販売状況を管理するためのAPIなど、実際に個人情報や公開されても困らない情報の単位でも、APIの連携、公開、開発は行ってきています。ちなみに、API連携したシステムの出力先は、webサイトだけではありません。ネイティブアプリ、デジタルサイネージなどにも出力可能です。個人情報以外でも、APIを活用するケースが多いのは、ひとえに業務の効率化につながるケースが多いからです。ECサイトなどの事例で説明すると、商品の販売状況管理、在庫管理などは、人が10人単位で対応しているケースもあります。しかし、この在庫情報の変更などを、API化することで、その業務は一気に不要となります。

このほかにも、webサイトのリード情報を顧客管理をしているCRMとAPI連携することなども業務効率を高めます。BtoBサービスなどを提供している場合は、獲得したリード情報をCRMに登録していくことがありますが、コピペコピペで、情報を登録するのが大変!というケースもあります。そういった場合、API連携をしておくと、効率的に、CRMへの情報登録が可能になります。CRMのDB(データベース)も整理された内容がたまってくるため、ステータス管理や、メールマガジンの配信リストの作成、スコア管理などがスムーズになります。APIを活用することで、手作業が減り、本来、頭を使うべきマーケティング業務に集中しやすくなるのです。APIのシステム連携は、こういったデジタルマーケティング業務のサポートとしては最適なのです。

また、業務効率だけではなく、API公開の良いところとして、データの活用が、いろんな人、いろんな企業にあつかってもらえるかもしれない、という点です。APIで市場開拓がされた、具体的な例をご紹介します。

旅行代理店さんの旅行プランのAPI化を行ったところ、法人の旅行メディアサイトなどで掲載をしてくれるケースが増えました。もちろん、コンテンツが面白かったのもあるのですが、商品情報がリアルタイムに変わることで、旅行メディアサイト側も導入がしやすかったようです。そして、その旅行代理店さんのAPIは、健康協会さんのサイトでも使われるようになりました。今まで、健康協会さんなどとは、そこまでかかわりあいのなかった旅行代理店さんでしたが、新たな市場を獲得できたと喜んでいらっしゃいました。このほかにも、エンタメ系のポータルサイトでも、記事情報のOEM提供のため、APIを開発しました。そして、そのAPIをwebサイトに公開して、告知していました。もともとの目的は、ポータルサイトが、そのニュース情報を掲載するためのものでしたが、一方で、アフィリエイターなども、この記事情報のAPIを活用するようになり、その結果、PVが上昇。ソーシャルメディア(SNS)でも、告知が促され、ツイッターのフォロワー数も増加するようになったそうです。その結果、twitterや、インスタグラムなどのSNSアカウント自体が、広告商品として提供できるようになり、これも、APIにすることで、市場開拓につながった事例ですね。

市場開拓ではない、API連携による事例も掲載しますと、LINEでのメッセージ配信の自動化などの事例もあります。特定のユーザーに対して、LINEで、指定のメッセージを送れます。もちろん、画像も送信できます。これによって、LINEのお友達情報と自社の会員データをマージさせて、購買履歴に応じたメッセージの配信なども可能になります。半年間、自社ECサイトで、購買をしていない人には、1か月に1回、10%OFFのクーポン券をラインで配信する。などのLTVを高めるデジタルマーケティングの展開も可能になります。

このように、APIは新しい市場、提携したことのない販売先、ひいては新規顧客の獲得につながり、また一方で、LTVを高める施策の実施も可能になります。そして、前述のように、業務効率化につながり、社内の生産性を高めてくれます。DX促進にもってこいなのです。自社の基幹システムと、CRMを連携させて、リモートワークをしやすくする、なども可能で、古い基幹システムだと、システム改修にかかる費用が高すぎて、マーケティング施策の展開ができない、、、なんてケースも回避できます。データだけを抽出して連携させるため、こういった活用ができるのが、APIの魅力ですね!

なお、クロトでは、システム開発チームをお持ちの場合、APIの開発自体は社内でできるため、仕様検討、システム仕様設計、マーケティング部門の考えたアイデアの実現のための仕様作成だけも、ご依頼をいただいて、サポートさせていただいております。APIの場合、概念的なのでイメージがつかないという方もいらっしゃるので、実績・経験豊富な人間がいた方が、話が速くなりますからね。もちろん、まるっと、API連携のシステム自体の開発も可能です。他社からAPIでシステム連携して欲しい・・・といわれているが、なかなか手が回らない、などのケースでもお手伝い可能です。APIの公開サポート、API連携、API開発、APIの仕様策定など、お悩みでしたら、ぜひ1度、クロトにご相談ください。API開発を円滑に進められるよう、ご支援させていただきますので、どうぞ、ご検討ください。


APIシステム開発・APIコンサルティング 概要

【主な実施事項】
 1.連携仕様の確認
 2.連携仕様書の作成
 3.連携システムの開発
 4.連携システムの保守など

【その他】
・もちろん、APIだけでなくシステムのカスタマイズ可能
また、SFTPを使ったシステム連携などもお気軽にご相談ください。


人気のAPIシステム

  • 1、自社基幹システムとの連携API
  • 2、LINEのメッセージAPIとの連携
  • 3、他社求人サイトとの連携API
  • 4、インスタグラムのAPI
  • 5、自社コンテンツデータのAPI開発

APIシステム開発・APIコンサルティング 実績・事例

APIシステム開発・APIコンサルティング、製作 実績・上場しているIT企業
・大手部品メーカー
・大手健康器具メーカー
・大手ウォーターサーバー
・有名私鉄 時刻表、アラートシステム
・アパレルECサイト
・旅行メディア
・引越し、物流システム
・不動産システム
・不動産オウンドメディア
・町おこしメディア
・採用メディア
・ポイントサイト
・ポイントアプリ
・地方再生メディア
・医療機関オウンドメディア
・コスメメーカー
・大手コンテンツ販売メーカー
・大手美容サロンポータルサイト
・ビデオチャットシステム
・旅行代理店メーカー
・法人向けサービス紹介メディア
・OA機器メーカー
・食品卸
・食品メーカー
・広告代理店
・不動産販売会社
など