SEO対策で求められる良質なコンテンツ作り

伝わりやすいマンガでwebサイトの記事をわかりやすく


オリジナリティを高め、利便性のあがるマンガコンテンツマーケティング

マンガ記事のコンテンツマーケティング SEO対策に良質なコンテンツ作りGoogleが提供しているウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)を読んでいただくと、わかりやすいのですが、Googleは、その基本方針として、「ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成してください」と訴えています。当たり前ですが、ユーザーにとって、メリットのある正確な情報が掲載されたwebページ、すなわち、webサイトコンテンツはとても重要です。たとえば、「新幹線 予約方法」という検索キーワードに対しての検索結果で表示される情報は、当然、新幹線の予約方法について解説されているホームページであるべきですから。それも、正確で、信頼できるホームページである必要があります。そういうホームページが、Googleの検索結果の上位にあがってくるべきですよね。

それゆえ、コンテンツマーケティングで、重要視されることは、良質なコンテンツであることです。ユーザーにとって、メリットがある、正確な情報であることです。では、ユーザーにとってメリットがあることとは、何でしょうか?それは、いろいろあります。すぐに表示がされる、わかりやすい、そのホームページを見れば、すべてわかる。そのホームページからだと、お得になる、そういったものが、ユーザーメリットとして考えられます。この中で、情報コンテンツの場合、お値引きなどは、サービス提供者ではない限りできません。しかし、サービス提供者ではなくても、わかりにくい情報を整理して、網羅して、正確に情報を伝えることはできます。コンテンツマーケティングとは、そういったところがポイントになってくるwebマーケティングです。テキストで記載するコンテンツマーケティングであれば、情報整理、情報の網羅、情報の正確性はできます。しかし、わかりやすい、という観点では、文字情報だけでは、やはり、限界がありますよね?

そこで、登場するのが、動画、画像のコンテンツです。たとえば、りんごという言葉では、形は、イメージできても、そのホームページが示しているりんごの形を説明することは難しいです。しかし、写真や動画などのコンテンツであれば、ユーザーにとって、一目瞭然です。わかりやすいコンテンツとして、メリットが出てきます。しかし、実際に、コンテンツマーケティングで解説する内容は、写真1枚掲載したところで、わかるようなことではありません。そこで、クロトでご提案しているマンガを活用したコンテンツマーケティングの出番です。

マンガを活用したコンテンツマーケティング「マンガコンテンツマーケティング」の強みは、情報整理と画像による視覚表現とで、非常にわかりやすく物事を伝えられます。文字ベースだけでは、伝わらないことも、ユーザーの印象に残りやすくなります。文字だけのホームページよりも、画像があるほうがわかりやすくなるのは、自明の理ですよね。

動画のコンテンツマーケティングという方法もありますが、今回ご紹介しているマンガのコンテンツマーケティングとの最大の違いは、リアルか、そうでないかです。動画の場合、リアルであるため、場合によっては、わかりにくいケースもあります。撮影できる場所、人によっては、表現しきれない、編集しきれないケースがあるからです。しかし、マンガの場合、リアルではないため、強調できるポイントを強調できます。また、動画と異なり、情報整理されますので、短い時間で、ユーザーに対して、コンテンツの理解を促進できます。また、動画でコンテンツを表現するコンテンツマーケティングの場合、人や物がリアルなため、時間の経過によって、コンテンツが劣化します。たとえば、採用サイトで、先輩のインタビューというコンテンツが動画で作られていたとき。そのスタッフが、退職しても、使い続けられるでしょうか。当然ですが、いない人を先輩として、自社内の社員としては活用できません。結果的に、このインタビューコンテンツは、削除せざるをえません。しかし、マンガでコンテンツを作った場合は、どうでしょう。名前などをリアルに出さなければ、そのまま、コンテンツとして表現できます。このように、動画でのコンテンツマーケティングと、マンガでのコンテンツマーケティングには、違いがあります。

マンガでのコンテンツマーケティングのメリットは、まだまだあります。ホームページ内で、縦読みができるようにマンガを制作すれば、縦型の画像として、マンガを作れます。その結果、SNS(facebookやtwitter、インスタグラムなど)での配信をしたときに、ユーザーが見やすい形式になります。その結果、エンゲージメントされやすくなり、コンテンツの閲覧回数が増加する可能性があります。コンテンツが閲覧される可能性が高いということは、これにひもづいて、シェアなどの共有がされる可能性も上昇します。結果的に、企業が求めるリーチ促進にもつながってくるのです。もちろん、ホームページのコンテンツが良質なものであることが前提ではありますが。

マンガのコンテンツマーケティングは、情報整理がされているため、顧客体験をより充実させていくことにつながります。たとえば、ECサイトの購入フロー。シンプルなものなら、インフォグラフィックでもいいかもしれませんが、会員特典などの説明や、購入後のアフタフォローなど、情報が複雑になってくる場合は、マンガで表現することによって、顧客に購買体験を理解してもらいやすくなります。体験を積み重ねていくと、利用者は、ファンになっていきます。ブランドのファン、ホームページのファンを増やしていくことは、企業にとっても、大事な課題です。顧客体験の充実化のソリューションの1つとしても、マンガによるコンテンツマーケティングは、webマーケティングにおいて、おすすめの方法となっています。

マンガによるコンテンツマーケティングといっても、対象ページすべてをマンガにする必要はありません。テキスト情報をベースにしつつ、重要なポイントにて、マンガで表現するという方法もあります。これは、SEO対策上、文字情報があったほうが、Googleにコンテンツの内容が伝わりやすくなるというのと、ユーザーも、テキスト情報での補足があったほうが、情報の理解が深まるからです。それゆえ、クロトでは、文字の記事情報+マンガのコンテンツという形式でのマンガ コンテンツマーケティングをおすすめしております。前段でも記載したとおり、Googleが求めているホームページのコンテンツは、ユーザーの利便性です。ユーザーにメリットを出せるようなコンテンツの制作を方針とさせていただいております。

また、クロトでは、マンガのコンテンツを、ワードプレスなどのCMSに投稿、掲載する部分もサポートしています。あわせて、コンテンツを配信後、半年くらいの期間を見ながら、PVやUU、回遊率、滞在時間などの成果の分析、その後のコンテンツの内容や方針、戦略などもご提案しています。効果分析とそれにあわせた対応策、施策をご相談しながら、クロトでは、webマーケティングを行っていきます。

もちろん、お客さまによっては、コンテンツマーケティングやオウンドメディアは、まだやっていないケースもあるでしょう。その場合は、トライアルも含め、まずは、ワードプレスでのwebメディア制作を行っていくことも可能です。ワードプレスによって、オウンドメディアを制作することで、比較的ローコストで、オウンドメディアの制作が可能になります。その結果、本来重要な、コンテンツ側に、リソースも予算もさけるという状況になってまいります。お客様メリットを考えると、料理で言えば、器にお金を投資するよりも、料理自体にお金をかけたほうがいい、という観点ですね。

SEO対策やホームページ、webサイト制作、どれをとっても、クロトは、マーケティングの流れを見定めて、クライアント様になるべく手間をかけずに、その成果を出したいと思っております。それが、ユーザーメリットにつながると考えているからです。お見積もりやご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。


マンガ記事のコンテンツマーケティング 概要

【作業内容例】
・御社にてヒアリングシートのご記入 *2、3分程度
・クロトにて、企画・設計
・ご契約
・マンガ、記事の制作
・導入


【主な対応CMS】
WordPress(ワードプレス)
※もちろん、スクラッチにてシステム開発も可能

【その他】
・マンガだけではなく、情報設計のご提案も可能
お気軽にご相談ください。


マンガ記事のコンテンツマーケティング メリット

・わかりやすい
・顧客体験の充実化
・2次利用が可能:イベントパネルなどでも使用可能
・SEO対策上、よりユーザーにメリットのあるページに
・SNSでの投稿がされやすくなる
・画像検索でひっかかりやすくなる
・コンテンツマーケティングの画像調達の手間が軽減
・画像が入るため、ページのバランスがとりやすい


コンテンツマーケティング 事例/実績

コンテンツマーケティング 事例/実績・美容オイル ECサイト
・広告代理店 オウンドメディア
・広告代理店 コーポレートサイト
・イベント webサイト
・金融機関 オウンドメディア
・アーティスト サービスサイト
・システム開発会社 オウンドメディア
・施設メーカー オウンドメディア
・施設メーカー パンフレット
・器具メーカー サービスサイト
・食品メーカー サービスサイト
・食品メーカー オウンドメディア
・飲料メーカー サービスサイト
・不動産会社 サービスサイト