簡単に訴求できるアンケート LP

通常LP 記事LP より スマホユーザーに刺さる?


アンケート LP 制作アンケート lp というLP(ランディングページ)についてご紹介します。
近年、 通常のランディングページ(LP)に加えて、記事LP、そして、アンケート lp というLPに種類が増えてきています。これは、インターネット広告からの広告効果を高めるため、LPにもさまざまな工夫が増えているからです。特に、アンケート LPは、SNSとも相性がいいため、トレンドになりつつあるLP作成 方法になってい ます。

アンケート LP メリットは以下のような点が考えられます。

1、スマホでユーザーがアクションしやすい
2、手軽に制作が可能
3、アンケートなので、ユーザーが入力しやすい

個別に解説しますと、アンケート LP は、アンケートを入力しているLPなので、スマホでタップしながら入力を進めていくUIになります。その結果、アクション がしやすい環境を作ることができます。もちろん、アンケートに答えたら、XXXのクーポンがもらえる、などのインセンティブの表記などは必要になります。

また、アンケート LP は、画像などのビジュアル面や事例などのコンテンツが少なく作ることが定番の構成となっています。アンケート自体も、アンケートをとることが目的ではないので3問、4問程度のアンケートを見せるイメージです。そ のアンケートの設問によって、アンケート回答者の悩み、課題を浮き彫りにさせること、そして、CV(申し込みや購買のコンバージョン)へとつなげていくことが目的です。それゆえ、構成(ワイヤーフレーム)作成も原稿作成の手間も削減されます。結果的に、アンケート LP 制作は手軽に制作ができるというメリットがあります。

そして、アンケート LPは、アンケートなので、ユーザーが気軽にトライしてくれる可能性がでてきます。もちろん、インセンティブにもよりますが、アンケートの展開を通して、ユーザーが自分の課題や悩みを想像しながら、回答を進めていくように作ります。これによって、自分の悩みや課題が明確でない層に対して も、悩みや課題の顕在化を想起できます。その結果、潜在層へのアピールにも強力な味方となることでしょう。

アンケート LPでのアンケート設問は、自由入力でなく、タップや選択で進めるイメージです。入力にかかる時間は30秒程度を意識して、進めるといいと思います。このアンケートのボリュームが多いと、アンケートLPからの離脱率は上がりますので、ご注意ください。アンケートLPの施策は、アンケートをとることではないので、その点は、ご理解いただいた上で、アンケートLPの制作を進めた方が良いです。

アンケート LP の効果は、もちろん、商材やサービスによって、異なります。以前から、BtoC向けの商材、サービスについては、アンケートLPを使って、SNS広告と連動させて、PRしていく施策は多かったです。それは、アンケートLPが、通常のLPよりCVRが高くなっていた証拠でもあるでしょう。また、アンケートLPの効果事例として、従来のLPに比較して、CPA(獲得単価)が70%程度で進捗した事例もありました。このあたりのアンケートLPの効果については商材、サービス、タイミング、広告媒体にも依存してきますが、それなりの効果をあげられている状況があります。

アンケートLPは、通常のLPよりも、短い内容で訴求をしていきます。その分、スマホユーザーには、内容が伝わりやすくなります。キャッチコピーについては、ある程度、考える必要はありますが、通常LPのように長く、ページを作るものではないので、そこはおすすめのポイントです。また、記事LPのように、CVに誘導していくようなストーリーの精査が不要です。ストーリーの構築は、ユーザーの課題や欲しい情報がマッチしていないと、うまく、ユーザーを、CVポイントに誘導できません。そのため、うまくLP制作しないといけないですが、これは商品情報などの企画性が必要となってきます。アンケートLPは、こういった部分が少ないので、比較的安定して、LPを制作でき、ユーザーに刺さりやすい構成となります。

アンケートLPは、wordpressでも作りやすいLPになっています。ワードプレスで制作をする場合でも、アンケート自体のデータはとらないようにして、申し込みフォームと一緒にして展開をしていくイメージです。つまり、アンケート lp、確認画面、完了画面の3画面を制作するようなイメージです。確認画面でも、CVのページへの導線を設置することで、誘導効率を高めていきます。

クロトでは、このアンケートLPを制作するにあたって、アンケートの設問部分や、ワイヤーフレーム部分から、委託していただくことが可能になっています。もちろん、ワイヤーフレームや、原稿、アンケートの設問内容などをいただいて、コーディング、webデザイン部分だけを対応することは可能です。御社のご予算、企画などに依存して、アンケートLPの制作を行うことが可能です。また、web広告の運用も、クロトで一貫して行うことも可能です。たとえば、GoogleやYahooのディスプレイキャンペーン、ディスプレイ広告や、リスティング広告(検索連動型広告)と一緒に展開する方法も可能です。デジタルマーケティングの1つの方法として、ご検討ください。

GoogleやYahooのディスプレイ広告であれば、バナーの制作も必要となってきます。アンケートLPのファーストビューは、ここと統一感を持たせた方がいいので、あわせて、バナーの制作を行うこともおすすめしています。Googleのディスプレイ広告やYahooのディスプレイ広告であれば、ユーザーの興味関心から、PUSHのように、バナーなどの広告を配信できるので、露出量も多く、リーチが大きいのは魅力の1つです。

アンケートLPについては、採用を目的としたLPで展開していくことも可能です。LPOの施策の1つとして、ご検討いただければと思っています。採用サイトのLPの場合、企業の概要を説明していくことがメインですが、なかなか、読んでもらえない可能性が高いので、アンケートLPで、簡単に訴求できることはメリットとしてなってくるかと思います。

アンケートLPの制作は、予算や広告と連動させるか、メインターゲット、露出する商材、、アンケートの大まかな内容や、URL、クロトへの依頼範囲などを決めていただき、ご相談いただければ幸いです。NDA(機密情報保護契約)なども締結して、アンケートLPの制作を進めていきましょう。クロトなら、webマーケティング、web制作の分野において、10年以上の実績・事例があります。多くの企業様のデジタルマーケティング、コンサルティング、webシステムなどの開発やwebサイト制作を行ってきました。豊富な事例、知見を活かして、御社のデジタルマーケティング、広告運用などをサポートさせていただきます。ご相談、お問い合わせは無料です。お問い合わせフォームにご記載いただき、お声がけいただければ幸いです。


アンケート LP 実施例

  • アンケート LP 企画設定
  • アンケート LP コンサルティング
  • ワイヤーフレーム作成
  • 原稿作成
  • ファーストビュー作成
  • アンケート設問作成
  • コーディング
  • フォーム実装
  • webデザイン
  • web広告設定
  • 広告画像のクリエイティブ作成
  • 運用
  • Googleアナリティクス タグ作成
  • ドメイン設定
  • SSL設定
  • サーバへの設置
  • テスト環境構築

など
※Google、Yahoo リスティング や ディスプレイ広告も運用可能です


アンケート LP 作成 予算 事例

アンケート LP 制作の場合の予算事例ですが、ワイヤーフレーム作成、アンケート設問作成、原稿作成、webデザイン、コーディングで、30~50万円くらいに なっております。かかる工数、内容、構築環境によって、変わってきますので、 都度、お見積りなど、ご相談いただければ幸いです。


LP 制作 実績 事例

  • アパレル 採用・求人LP
  • アパレル 新商品 LP
  • コスメ LP
  • 美容サロン LP
  • マーケティングリサーチ会社
  • 不動産 資格 セミナー
  • イベント企画会社
  • 不動産物件サイト
  • ECサイト クラウドシステム
  • システム開発会社
  • 流通 ECサイト
  • 自動車販売 LP
  • スポーツ プレゼントキャンペーン
  • 大学 オープンキャンパス LP
  • 求人広告ポータルサイト LP
  • エンジニア 求人 LP
  • 塾 LP
  • 動画データ販売 LP
  • デジタル書籍 ECサイト
  • 保険販売会社 動画セミナー
  • リフォームメーカー 商品紹介サイト
  • 公立大学 研究機関
  • 大手採用情報ポータルサイト
  • 旅行 コンテンツ LP
  • ヘアケア機材ECサイト
  • 大手PCメーカー